『置かれた環境で力を尽くしているか』|横浜市保土ケ谷区の鍼灸マッサージならレアルパフォーマンスへ。

Facebook 友だち追加数

横浜市保土ケ谷区川島町・西谷駅徒歩10分

営業時間(受付は1時間前まで)
平日10:00~22:00 / 土日祝9:00~18:00

0454449024

24H WEB予約

出張OK

ブログ

『置かれた環境で力を尽くしているか』

ブログ 

 5日のロンドン五輪最終予選でサッカー日本代表(U-23)が敗戦を喫したことで、

こんな記事を見ましたので、ご覧ください。

朝日新聞のスポーツ欄コラム「side change」より

【海外成長神話に逃げるな】というタイトルです。

選手の海外志向を聞くたびに、覚めた気分になることがある。

多くの場合、その理由は「高いレベルで成長したい」と語られる。

・・・・・でも、海外に移籍さえすれば、成長が約束されているわけではない。

ダルビッシュが語った「理由」は、その意味で新鮮だった。

「・・・勝負がしたい。・・・モチベーションを保つのが難しくなった。」

・・・・・大リーグへの無条件の憧れとは別次元。

国内でトップに立ったからこその苦しみさえうかがわせた。

 問いたいのは、置かれた環境で力を尽くしているか、ということだ。

・・・・・カズは、「やる気さえあれば、どこでも成長ができる。

結局は自分次第ですべてが変わってくると話した。

プロ27年目のシーズンを迎える44歳は、

・・・・・「海外に行けばいいというものではない」と説くのだ。

 ・・・・・積み重ねをJリーグで日々しているか、と自身に問いかけてほしい。

・・・・・試合をどう運び90分で相手をしとめるかという思考や準備がお粗末だった

・・・・・ピッチの悪さは遠因で、技術の未熟さを問うべきだろう

90分を終えた先に勝敗があるように、全6戦を終えたあとに五輪出場はある。

そんな冷徹さを残り2戦で見たい。』


 この記事を読んで、

僕の頭の中には、いろんなモノがよぎりました。

特に、『置かれた環境で力を尽くしているか』というフレーズ。。。

僕は、今までの人生で、

そりゃ、それなりに努力はしてきました。

悔し涙もたくさん流してきました。

でも・・・認めたくはないですが、

きっと何処かで、力を抜いてしまっていたかもしれません。

現在、奥様と子供2人という「家族」を持って、

治療院の「院長という肩書き」を持って、

僕は、余計に荷を重くさせました。

この新聞記事を読んで、あらためて、

何苦楚(なにくそ)魂を持って、

『置かれた環境で力を尽くしているか』という気持ちを持って、

やらねばならないという考えを新たにさせました。

今後とも、レアルパフォーマンスをよろしくお願いします。

     http://real-performance.net

Check

ページトップへ戻る